トップ

体臭と活性酸素に大きな関係が

体臭や、加齢臭。聞いただけでうんざりするような言葉ですね。自分の体の臭いが周囲の人に不快感を与えているのではないかと気になると大変なストレスになります。仕事で色々な人と接する時にも自分の体臭が気になっていると、リラックスして臨むことができず、自信喪失の大きな原因にもなりかねません。ここでは体臭、加齢臭などの臭いの原因をご説明するとともに具体的な改善方法をご紹介して行きましょう。

まず、体臭はなぜ発生するのでしょう。その原因は活性酸素に関係しているといわれています。体の中に過剰な活性酸素が発生すると体臭が発生するのです。生きていると誰でも活性酸素を発生させていますから、体臭が発生する可能性はあるわけですが、活性酸素を除去することができれば、その原因を絶つことができるといえるでしょう。ではどうすれば活性酸素を除去することができるのでしょう。実は活性酸素を抑えるのには水素水が有効だと言われているのです。

もう少し細かくご説明しましょう。活性酸素は人間が普通に生活していると必ず発生するものです。活性酸素ができる仕組みに関しては後ほど詳しくご説明します。活性酸素は体を守る働きをするものがある一方、悪玉活性酸素といって害のあるものもあります。このような活性酸素が過剰に発生すると体に色々な影響を及ぼすのです。

活性酸素は体内で色々な物質と結びついて酸化させることで体に不調や変調をもたらします。体臭にフォーカスしてその仕組みを見ると、過剰な悪玉活性酸素が、体の表面にある脂質を酸化させて過酸化脂質という物質ができるのが体臭のもとになります。脂質の中でも体臭に変化する脂肪酸は汗に含まれているものです。アポクリン腺から出る汗には水分以外にも脂質、脂肪酸、コレステロールなどが含まれていて特有の臭いがします。汗に含まれる脂質が酸化し、分子量が小さな脂肪酸に分解されて皮脂腺から発散されます。するとアルデヒドという臭い成分になるのです。

Copyright © 体が臭いのは活性酸素が原因. All rights reserved.