トップ / 活性酸素による体臭を予防する

活性酸素を発生させない生活習慣

活性酸素を除去することで体は酸化しにくくなります。しかし体にはもとより、抗酸化酵素というものが備わっており、体を日々酸化から守ってくれています。また、上述のように水素は最小の元素なので、水素水などを活用することで身体中で活性酸素と結びついて酸化を防ぐこともできます。

しかし、このようにして除去しても悪玉活性酸素は次々と発生しています。また、体に備わった抗酸化システムである抗酸化酵素は年齢とともに数が減り、活性も弱まってしまうのだそうです。

このようなことから見ても、そもそも悪玉活性酸素がたくさん発生しないようにするのが、体を酸化させず、体臭を出さないための早道といえるのではないでしょうか?見直す点としては、生活習慣や食生活が挙げられるでしょう。ここでは、活性酸素を発生させないライフスタイルをご紹介します。

まず、食生活の面で意識すべきことはたくさんあります。近年はアンチエイジングへの意識の高まりから抗酸化食品に注目が集まっていますね。抗酸化力の高い食品としては、まずビタミンCが多く含まれたもの。果物や生野菜などを積極的に摂りましょう。またビタミンEも有効です。ビタミンEは魚介類やナッツ類に多く含まれますので、休憩時間のおやつやおつまみなどにナッツを選ぶのもよいでしょう。また、フィトケミカルといって植物の色素に含まれる要素には高い抗酸化力がありますから、なるべく色の濃い野菜を摂る習慣をつけたいものです。

この他にはなるべくストレスを溜めない。喫煙も控えることを意識しましょう。ストレスを溜めず、タバコも吸わないとなると、余計にストレスが溜まってしまう、と思われる方もあるかもしれませんが、適度な運動をして発散するなどどうぞ工夫をしてみてくださいね。

Copyright © 体が臭いのは活性酸素が原因. All rights reserved.