トップ / 活性酸素は水素水で除去

排除には水素水をとりこむ

体臭の原因は、体の脂質が活性酸素によって酸化していることが大きな原因であることがわかりましたが、体臭をなくすためになぜ水素水が有効なのでしょうか。ここでは、水素水が体臭をなくしてくれるその仕組みを見てゆきましょう。

体臭は悪玉活性酸素の酸化力によって発生しているので、活性酸素を無害化できれば体臭を抑えることができるのです。活性酸素には種類があります。まず、スーパーオキシドという活性酸素は最も一般的な活性酸素ですが、体内にはこれを分解する酵素が備わっているので、さほど気にする必要のない活性酸素と言えるそうです。

問題はヒドロキシラジカルという悪玉活性酸素です。強い酸化力をもっていて体内のたんぱく質や脂質、糖質などを酸化させて行きます。その結果体臭だけでなく、様々な疾患を引き起こしたり老化を招いたりします。水素はこのヒドロキシラジカルという悪玉活性酸素に結びつきやすい性質があり、その働きを無害化してくれます。具体的には、水素は活性酸素が脂肪酸と結びつく前に結合して、ただの「水」に変えてくれて、体外に排出されます。脂肪酸が酸化するのを防いでくれるのですね。

ですから、水素水が体臭を改善する。というのは発生した体臭を消してくれるのではなく、体臭が発生する仕組みを解消してくれるというアプローチということになります。また、水素はあらゆる原子のなかで最小の元素です。ですから、体内に取り込まれると身体中の細胞のすみずみにまで行き渡ります。そして、活性酸素を除去してくれるのです。特に、体臭の原因が「酸化」である場合は水素水の効果をより強く感じることができるはずです。

水素は水以外の物質のなかにも存在しますので、水素を取り込む方法は水素水以外にもありますが、水素水のよいところは、水と水素のみで構成されているので体への副作用や悪影響がないという点にあると言えるでしょう。

Copyright © 体が臭いのは活性酸素が原因. All rights reserved.