• トップ /
  • 矯正歯科での矯正にかかる期間は

数年単位で通院する矯正歯科

近年、矯正歯科で人気を集めている矯正方法が、インビザラインです。インビザラインは透明なマウスピースを装着する事で、歯の矯正を行う方法です。矯正に使用するマウスピースは完全オーダーメイドとあって、自然な装着感が特徴であり、装着していても周囲の人に気付かれにくくなっています。なお、矯正治療に応じて、インビザラインに使用するマウスピースは矯正歯科で作り変えていくのが一般的です。その為、矯正にかかる期間は、およそ2年から3年と言われています。また、マウスピースによる矯正が終了しても、インビザラインによる治療が終了するという訳ではありません。今度はリテーナーを装着して、動かした歯の位置をキープさせます。リテーナーの装着期間は、およそ1年から3年です。つまり、矯正歯科でインビザラインによる歯の矯正を行う場合、最短でも3年はかかると言えるでしょう。さらに、マウスピースでの矯正中は2か月に1回、リテーナーで歯の位置をキープしている間は2か月から半年に1回、矯正歯科への通院が必要となります。これだけ長い期間に亘る治療となるので、途中で通院するのをやめてしまわないように、出来るだけ自宅から通いやすい矯正歯科を選ぶ事をオススメします。

矯正歯科の基礎情報

↑PAGE TOP