• トップ /
  • 矯正歯科でインビザライン矯正

矯正歯科でバレずに行える矯正は

矯正歯科では様々な矯正方法を取り扱っており、インビザラインはその1つです。インビザラインを使用した矯正では、透明なマウスピースを用いるとあって、装着している事がほとんど他人にバレる心配はありません。その為、周囲にバレずに矯正を行いたいという方にとって、インビザラインはピッタリの矯正方法と言えるでしょう。しかし、いくら目立たないとはいえ、マウスピースを装着したまま食事は行えません。その為、飲食の際には取り外す必要がある事を、矯正歯科で注意点として説明される事でしょう。マウスピースを装着したまま飲食を行うと、歯の着色汚れの原因となったり、熱さでマウスピースが変形する可能性があるので、必ず取り外すようにしましょう。また、1日20時間以上マウスピースを装着しなければいけないというのも、注意点です。装着時間が短くなれば、矯正歯科での治療が長引くだけでなく、歯が想定通りに動かない可能性があります。その為、1日20時間以上マウスピースを装着して過ごすという事を、常に意識する事が大切です。さらに、インビザラインで矯正を行っていると、大きな歯周病や虫歯の治療が行えません。そこで、歯周病や虫歯にならないよう、しっかりと歯磨きを行う事も注意点として忘れないようにすべきでしょう。

矯正歯科の基礎情報

↑PAGE TOP